読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこ降る雪

 雪月花なんて言葉があるように、雪も月も花も見て楽しめる美しいものですが、雪に限っては話は別で、月や花で面倒なことにはならんが、こと雪に関しては見るのは結構だが、地元で積もって喜ぶのは仕事のない無邪気な子供だけ、仕事や用事がある大人には面倒臭ぇことになるわけで、今年は関西でも何処も彼処も大雪で超大変やったらしいやん…そう、これなのである、どこ吹く風というか、大阪在住の人間にとってはどこ降る雪ってなもんで、大阪に関しては山の付近以外は全く積もる気配すらなく、ニュースや新聞で大阪の野次馬共は外野で雪月花、被害者でない部外者てのは気楽なもんです。

 大阪ってのはですね、雨も少ないし、台風は高確率で避けて通るし、雪もてんで積もらないてなもんでして、これってかなりのウリだと考えるのですが、余りこの手の誘致や自慢を聞かないのですが、自分では確信をもっていても、周りが静かだと自分の考えが間違っていたり安易で安直で浅薄だったりするのか知らんと不安になるのです。

 しかしこの気候具合は住むには絶対いいと思うんだぜ、大阪はガサツだし、犯罪率も高いし、生活保護率も高けぇわ…それでも大阪良いんだぜ、と書こうとしたのだけど、なんか書く気になれなくなりましたよ。