読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2)最優先の秘密とバックグラウンドのネームバリュー

妨害されながらも狼が出てくる赤ずきんちゃんの話のように行先を聞いて先回りして待ち伏せをして結果は必ず人をいじめたり苦しめたりしてきた人にいいことはなかったことは確かなことなのかもしれない

日本は戦後人と付き合いながら一人では生きていけないくらいの人たちがいた時代にがむしゃらに働くことを受け入れられてきて生きるための情報を得るためにも人とつきあいは情報を得るために突破口を求めていくためか働く過ぎることは限りなくこの国をささえてきた理由の年代層が少なくなり人との付き合い方もネットによるものが事件を多くして連動している人口減少に歯止めが効かないようになんでも飲み込んでしまうネットの様々な反応に国の違いが存在する許容範囲に特殊な時期を迎えているためかもしれない

トランプ大統領が今後も週末頻繁に移動するとなると、オバマ氏の費用を就任1年で超える可能性も出てくる。それが反対の立場になって>>>トランプ大統領は、オバマ氏について、旅行をするたびに税金が使われると批判をしていた。

誰でもが持ってカメラでできる携帯事情のもたらすことの明暗に一瞬のうちに投稿して拡散できる時代になってカメラマンが要らないくらいの影響は計り知れないのかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

北朝鮮パレード、複数のミサイル公開 新型のICBM

トランプ氏の豪華別荘、台所の衛生違反13件 生肉保管など

デルタ航空、座席譲る乗客に百万円 定員超過時の補償金

最強爆弾の投下映像、米軍が公開 ISは死傷者ゼロ主張

故金主席の生誕式典前に米朝で激しい舌戦

トランプ米大統領フロリダ州別荘で13件の衛生基準違反

70歳は「ほぼ現役」65歳「完全現役」…自民PTが案

焦点:トランプ外交が急転換、中国に接近 対ロ関係は悪化

Sean Spicer must go

From:Nancy Pelosi

発信元:bounce.bluestatedigital.com

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/4/12, Wed 13:08

“Nancy Pelosi: ‘Sean Spicer must be fired’”

- CNN, 4/12/2017

On the same day Jewish families across America sat down to Seder to celebrate Passover, Sean Spicer downplayed and misrepresented the reality and horror of the Holocaust.

What Sean Spicer said is not only unacceptable, it is inexcusable. The Anne Frank Center on Mutual Respect has even called on President Trump to fire him.

Trump’s administration must disavow Spicer’s statements and fire him immediately.

Help me put pressure on this administration to fire Sean Spicer. Help us get to 10,000 signatures by tonight

At a time when Jewish cemeteries are being vandalized and hate crimes against Jewish communities are on the rise, it is vital that the President disavow Spicer’s comments and take action.

Sean Spicer must go. Sign to demand he be fired.

Thank you,

Nancy

クリップ you DIDN’T want a new Obama sticker?

From:WE ハート OBAMA (via DCCC)

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/4/12, Wed 09:21

DON’T MISS OUT: Snag our new “I MISS OBAMA” sticker before supplies run out

We miss President Obama so much.

And it looks like Vice President Biden does too...

Because he just wallpapered his entire house with our new “I Miss Obama” sticker!!!

Joe Bidens favorite new sticker is I Miss Obama!

Don’t you want a sticker of your own so you can show President Obama how much you miss him, too?!

Pitch in $3 before midnight Friday and we’ll send you Joe Biden’s new favorite sticker for FREE!

CLICK HERE TO RECEIVE YOUR NEW “I MISS OBAMA” STICKER

Thanks,

DCCC

massive loss

From:Nancy Pelosi

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/4/11, Tue 10:37

I’m blown away -- and I need $1 to push us over the finish line.

You funded our field program in Georgia and nationwide.

You helped us turn out early voters.

You’re the reason our chances of winning the special election skyrocketed.

And now, I need your help to keep our ads running in this final week before Election Day.

We have a real shot at handing President Trump his first massive loss -- and sending shockwaves around the country.

It’ll take 5,263 gifts before the One-Week Deadline at midnight.

Can I count on your $1 to defeat Republicans in Georgia and nationwide?

Chip in $1 immediately

Chip in $35 immediately

Chip in $50 immediately

Chip in $100 immediately

Chip in $250 immediately

Or donate another amount

Thank you,

Nancy Pelosi

Kiss Internet Privacy goodbye

From:URGENT (via PelosiforCongress.org)

発信元:bounce.bluestatedigital.com

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/4/11, Tue 06:38

Ezakifirst Name:,

Your internet privacy and personal information is up for sale.

Republicans will do anything to keep President Trump’s tax returns a secret -- but they will do nothing to protect your privacy. They proved that by passing a bill that allows internet providers to sell your information without your consent.

That’s just wrong. Tell Republicans that this breach of our privacy is unacceptable.

Their hypocrisy is on full display. The Trump administration prides itself on closed-door meetings and nameless big money Super PACs, but has no regard for YOUR privacy.

Americans overwhelmingly oppose this. Let’s make sure our voices are heard.

Thank you,

Team Pelosi

もだえが止まんねえよ 赤ちゃんチーター5匹、すくすく元気に育ってます

04月17日

 バージニア州フロントロイヤルにあるスミソニアン保全生物学研究所(SCBI)で生まれた赤ちゃんチーターの姿がYouTubeで公開されています

 3月23日に3歳の母親チーター、ハッピーが出産した赤ちゃんチーター5匹。出生時、5匹中2匹は活動的ではなかったようですが、4月5日にYouTubeで公開された映像ではどの子も元気に「ミューミュー」と鳴いている姿を見せています。

 つぶらな瞳と生まれたてほやほやのフワフワ毛並み。これだけでもかわいいってのに、5匹寄り添いおねむな様子や飼育員さんに抱えられふにゃふにゃミューミューする様子はもう、もだえが止まらない。 5匹おのおのあどけない表情を見せ、すくすく健康に育っている様子。みんな立派な大人チーターさんになってね。

ユナイテッド航空、結婚式に向かうカップルを航空機から降ろす

04月17日

ユナイテッド航空テキサス州ヒューストンから結婚式のためにコスタリカに向かおうとしたカップルが15日、連邦保安官によって機内から降ろされた。ヒューストンのニュースチャンネルKHOU11が伝えた。

ユナイテッドによると、カップルは、追加料金の支払いが必要となる高額な席に座ろうとし、乗員の指示にも従おうとしなかったという。

一方、カップルは、KHOUのインタビューに対し、同機に最後の客として搭乗した際、他の乗客が2人の座席に横になって寝ていたため、空いていた前方のエコノミー席に座ろうとしたところ、乗員は追加料金を支払うという彼らの申し出を拒否し、元の席に戻るよう求めたと語った。

カップルが移ろうとした席は、ユナイテッドが「エコノミープラス」として販売している席で、「ファーストクラスの席に座ろうとしたわけではない」という。

その後、カップルは同機に乗り込んできた連邦保安官の指示に従って同機を降り、16日の便を再度予約したという。ユナイテッド航空を巡っては、オーバーブッキング(過剰予約)の航空機内から乗客の男性医師が強制的に降ろされた問題を受け、批判が高まっていた。

北朝鮮パレード、複数のミサイル公開 新型のICBM

04月15日

 北朝鮮は故金日成(キムイルソン)国家主席生誕105年にあたる15日、平壌で軍事パレードを行い、新型の大陸間弾道ミサイルICBM)とみられる機体を含む数々のミサイルを公開した。トランプ米政権の圧力で核実験に踏み切れない状態とみられるなか、米国に強気の姿勢を見せ、条件のよい局面をつくり出す思惑がありそうだ。

 パレードには金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が出席。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星」などが登場した。これまでに公開されたICBM級とされるKN08やKN14よりも大型とみられる複数の機体も登場した。韓国の軍事専門家の一人は「新型のICBMではないか」と語った。北朝鮮は米本土に届く核搭載の長距離弾道ミサイルの開発を目標とする。

トランプ氏の豪華別荘、台所の衛生違反13件 生肉保管など

04.15

首脳会談の場にもなったマール・ア・ラーゴの調理施設で衛生違反が指摘されていた

フロリダ州のホテル・飲食業管理当局が同州パームビーチにあるトランプ大統領の豪華別荘「マール・ア・ラーゴ」の調理施設を今年1月に検査し、13項目で衛生基準違反を見つけていたことが15日までにわかった。

このうち3件は食物関連の疾病などを直接もたらす恐れがあるとして、緊急の対応を求めたという。2件は生肉保管に関するもので、トランプ氏の好物であるミートローフなどに使われる牛肉も含まれた。冷蔵温度の上限値と規定されるカ氏41度(セ氏5度)を超える状態で保存されるなどの不備を突き止めていた。この他、寄生虫除去が不十分となる方法で調理した海産物の提供も指摘。魚類は十分に調理することを求め、そうでない場合は投棄することを促した。

衛生検査は今年1月26日に実施されたもので、トランプ氏の大統領就任後では初めてだった。今回の違反事項の発覚は地元紙マイアミ・ヘラルドが最初に報じていた。

マール・ア・ラーゴは会員制の施設。衛生基準違反の指摘を受け、必要な是正措置を実施し最終的には検査に合格したという。トランプ氏は同別荘を1985年、500万ドルの価格で購入。今年1月には入会金を倍増し20万ドルとしていた。1月時点での会員数は480人で、上限は500人と設定している。

トランプ氏は大統領就任後、週末を過ごすため別荘を再三訪問し、ゴルフなどを楽しんでいる。今年2月には日本の安倍晋三首相夫妻を招待する首脳外交にも使用していた。

フロリダ州の公式データによると、マール・ア・ラーゴが何らかの法令違反容疑などで調査対象になったのは14年以降、計55回に達する。

デルタ航空、座席譲る乗客に百万円 定員超過時の補償金

04.15

米大手のデルタ航空は14日、定員超過となった便で乗客が座席の譲渡に応じた場合、最高約1万ドル(約109万円)の補償金を提供するとの新たな方針をCNNに明らかにした。

この種の補償金の従来の上限額1350ドルからの大幅増額で、最高額で9950ドルとなる。

搭乗ゲートなどの担当者はこれまで必要な事態が生じた場合、補償金800ドルを出す権限が与えられていたが、この金額を2000ドルにも増やす。

米国社会では現在、大手のユナイテッド航空がシカゴ国際空港で同社従業員を搭乗させるため男性乗客を強制的に引きずり出し、負傷させた騒動が大きな問題となっている。デルタの今回の増額方針はこの騒ぎを意識した格好ともなっている。

ユナイテッドは後続の便での搭乗や補償金1000ドルを提示したが、志願者はいなかったなどと説明。ただ、現場にいた乗客は提示された補償金は800ドルだったとも証言している。

運輸省によると、航空会社が乗客の意思にかかわらず降機を求めるのは合法的な措置となっている。ただ、この場合、当該の乗客は最高で1350ドルの補償金受け取りが保証されている。

デルタは先週、拠点とする米ジョージア州アトランタで激しい悪天候に襲われて運航便の混乱が5日間続き、3500便以上を欠航する苦境に遭遇していた。その後、影響を受けた数十万人規模の乗客へのおわびなどのしるしとして200ドル相当のサービス券か2万マイル追加のボーナス特典の提供を申し出ていた。

最強爆弾の投下映像、米軍が公開 ISは死傷者ゼロ主張

4/15(土)

米軍は14日、同軍が保有する最大の非核爆弾である大規模爆風爆弾(MOAB)をアフガニスタン東部ナンガルハル(Nangarhar)州のイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」施設に対し投下した際の様子を捉えた映像を公開した。

 MOABは「すべての爆弾の母(Mother Of All Bombs)」の通称でも知られ、実戦での使用は13日のIS空爆が初めて。公開された映像には、山岳地帯に立ち上る巨大なきのこ雲が映されている。  アフガニスタン国防省はこの空爆によりISの戦闘員36人が死亡したと発表したが、ISは14日、傘下の通信社アマック(Amaq)を通じた声明でこれを否定し、死傷者は出なかったと主張している。

故金主席の生誕式典前に米朝で激しい舌戦

4/14(金)

 北朝鮮では15日、故金日成主席の生誕105年という重要な記念日を迎える。この日を前にアメリカ・北朝鮮双方から過激な発言が出ている。トランプ大統領は「北朝鮮は問題だ。問題には対処する」と述べた。一方、韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は「核実験については我が最高指導部が決める問題。最高指導部が決心した時に核実験が行われる」と語るなど、米朝間の緊張感は高まっている。

トランプ米大統領フロリダ州別荘で13件の衛生基準違反

04月14日

米マイアミ・ヘラルド紙によると、トランプ米大統領が所有するフロリダ州のリゾート「マールアラーゴ」の飲食施設で、13件の衛生基準違反が見つかった。

内容は、肉の冷却不足、生食用魚に対する寄生虫除去処理の不備、保冷器2台の故障など。検査官は、魚類を直ちに調理するか処分するよう指示したという。違反のうち3件は、発症につながるレベルの細菌が食品中に存在する恐れがあることを意味する「優先順位の高い」事案だった。

この施設は、入会金20万ドルの会員制高級クラブ。「南部のホワイトハウス」の愛称で知られる。検査は1月26日に実施。その後、日本の安倍晋三首相が訪れている。トランプ大統領自身も、今週末、就任後7回目の訪問を予定している。

70歳は「ほぼ現役」65歳「完全現役」…自民PTが案

04月13日

 70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきだ――。65歳以上の人の働き方などを議論する自民党のプロジェクトチーム(座長・片山さつき政調会長代理)が13日、こんな提言の骨子案をまとめた。超高齢化社会に備えるためで、今後、政策に反映するよう厚生労働省などに求めていく。

 65歳以上とされている高齢者の定義を、日本老年学会などが「75歳以上」とすべきだとの提言をしたことなどを受けてまとめた。 骨子案では、65歳までを「完全現役」とし、定年を65歳に引き上げることを求めた。そして、定年から70歳までを「ほぼ現役世代」として、それまでの経験を生かして地域と一体となった仕事や社会活動に参加してもらうとした。

 そのための環境整備として、公的年金について受給開始時期を遅らせると有利になるような具体策の検討などを求めている。詳細を詰めた上で5月上旬にも上部組織の「一億総活躍推進本部」(本部長・川崎二郎厚労相)の提案としてまとめ、政府に提言する。

 70歳未満までを現役とすると、2065年に高齢者1人を現役世代1・3人で支えるようになるとの推計が1・8人となるといい、片山氏は「完全な『肩車型社会』にはならずに乗り切れる」と述べた。

焦点:トランプ外交が急転換、中国に接近 対ロ関係は悪化

04月13日

米国のトランプ大統領が就任から3カ月足らずで、対外政策を急転換している。トランプ氏は、就任前から繰り返し中国を批判、同国を為替操作の「グランドチャンピオン」などとこき下ろしていた。北大西洋条約機構NATO)についても「時代遅れ」と述べ、ロシアとの関係改善を目指していた。

ところが12日の一連の会見やインタビューでは、対ロ関係の悪化と対中関係の改善に言及。NATOについても、世界の脅威の変化にうまく対応していると持ち上げるなど、態度を一変させた。ストルテンベルグNATO事務総長との共同会見に臨んだトランプ氏は「私はNATOは時代遅れだと語った。もはや時代遅れではない」と発言。米ロの接近に神経を尖らせていた欧州諸国の懸念が後退する可能性がある。対中関係については、習近平・中国国家主席との「絆」に言及。中国の台頭を警戒するアジア諸国の間に困惑が広がるとの見方も出ている。

政権内部では、黒幕と呼ばれたバノン首席戦略官が、大統領の娘婿クシュナー上級顧問と対立。バノン氏の影響力低下が指摘されている。

<「史上最悪の冷え込み」>

トランプ氏は、選挙戦の最中の昨年9月、「(ロシアのプーチン大統領が)私を称えれば、私も(プーチン氏を)称える」と発言。プーチン氏との関係強化に意欲を示していた。

ところが、この日は、シリアのアサド大統領を支持するプーチン氏に懸念を表明。「ロシアとの関係は、もしかしたら史上最悪に冷え込んでいるかもしれない」と述べた。

一方、フロリダの別荘で会談した中国の習主席については、「絆」で結ばれていると発言。会談前は「厳しい」通商交渉を予想していた。

また、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙とのインタビューでは、中国を為替操作国には認定しない意向も表明。選挙期間中は、就任初日に同国を為替操作国に認定すると主張しており、見解を180度転換した格好だ。

オバマ前政権で国防次官を務めたクリスティーン・ワーマス氏は、トランプ氏について、就任直後は「(外交政策の)習得に困難を来たしていた」が、その後「多くの問題について、以前よりも繊細な、深い理解を示し始めている」と分析している。

この日の一連の発言は、選挙期間中の側近の影響力が低下し、マティス国防長官、ティラーソン国務長官、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の影響力が増していることを浮き彫りにしたといえそうだ。3氏はいずれも、ロシアを強く警戒している。

トランプ政権では今年2月、大統領補佐官に起用されたマイケル・フリン氏が、政権発足前にロシア大使と会談していたことが発覚し、辞任を余儀なくされた。バノン首席戦略官も、クシュナー上級顧問と対立しており、トランプ氏が事態の打開を目指す中での、一連の発言となった。

トランプ氏は11日付のニューヨーク・ポストとのインタビューで「スティーブ(・バノン氏)は好きだが、彼が私の陣営に参加したのは(選挙戦の)最終盤だ」と発言。バノン氏を強く支持する発言を避けている。