読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山村暮鳥「聖三稜玻璃」

山村 暮鳥(やまむら ぼちょう)

1884年(明治17年)1月10日 - 1924年(大正13年)12月8日)

明治・大正期の詩人。40年の生涯。

群馬県西群馬郡棟高(現高崎市)の生まれ、

萩原朔太郎より2年年上。

その朔太郎、室生犀星とともに「にんぎょ詩社」を立ち上げ、

機関紙「卓上噴水」をつくる。

『聖三稜玻璃(せいさんりょうはり)』は

山村暮鳥の第二詩集で、

1915年、にんぎょ詩社から発行されている。

序は室生犀星「聖ぷりずみすとに与ふ」

並製のほか特製がありバックスキンの革表紙、とか。

初版本を群馬県立図書館で手に取ることができた(!?)。

左画像が『聖三稜玻璃』の表紙。

もう少し茶色がかった色。

右画像は『山村暮鳥全集 第一巻の扉にある山村暮鳥