読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビートルズの音楽観

ビートルズには音楽の伝統を重んずるという考え方は、最初からない。

日本に初めてきた時も、日本のグループサウンズには興味を示さず、

日本の伝統芸能である民謡にいたく感じ入った彼らだったが、

ビートルズは民謡を日本の伝統芸能として素晴らしいと思ったのではなく、

ただ単に音楽として面白いと思ったのだ。

その証拠にジョンの“I Am the Walrus”に入っている怪しげなかけ声は、

日本のみちのくの民謡「大漁歌い込み」の掛け声

「えんやーとっと」を取り入れたものだという説が有力である。

彼らは自分たちの音楽に吸収出来るものなら

古典でも斬新な最新流行の音楽でもどっちでもよかったのだ。

良い音楽に新しいも古いもない。取り入れられるものはどんどん取り入れて

自分たちの音楽をどんどん斬新で優れた音楽にしてゆく。

それがビートルズだったのである。

音楽に偏見を持っている者は、最初から音楽に対する敗北者なのだ。

ぼくはそう思うのである。