読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルバーブレスフック

渓流ではシングルバーブレスフックの普及がだいぶ進んだ

魚のダメージを考えると良い事なのだが

山釣りの俺はシングルバーブレスではなく

ファインワイヤーで小さいフックサイズのシングルマイクロバーブフックを勧めている

バーブレスは傷口のダメージはたしかに低い

だが

バレやすい

特に山の沢のように勾配があると

バラす率は格段に上がる

バラすのは仕方ないと思えれば良いのだが

そこは人の欲がある

バラさないようにする為に強引なやりとりをしてしまいがちだ

魚を抜きあげてしまったり

強引に引き過ぎて岩に魚を当ててしまう

キャッチ&リリースは魚を水から上げないのが基本

バーブレスにすることでバーブとは違うダメージを魚に与えてしまうことになってしまう

これでは本末転倒

他にもバーブレスフックの問題がある

フックサイズだ

バーブレスフックのフックサイズが

市販のミノーだと大きすぎて

20cm未満の魚がかかると脳天を貫いてしまう事がある

しかし

尺を越えるサイズの魚だと

20cm未満の魚に合うフックサイズでは小さすぎてほとんどバレる

大物はなるべくバラしたくない

そういった心理が優先され

どうしても大きめのフックサイズを使ってしまう

これもバーブレスにする本来の目的から外れてしまっていると思う

そこで

俺が使っているのが上記で書いたフック

ファインワイヤーのマイクロバーブ

ほとんどバーブが無い為

リリーサーでも外れる

その割りにはバレない為

無理なやりとりはしないで済み

抜きあげる事なく魚をリリースする事が出来るようになった

このフックには充分満足していたのだが

ある程度まで目標値に達すると

また欲が出るwww

バーブレスフックに出来ないか?www

そこで懲りずに

とあるバーブレスフックを流用してみることにした

まだまだ実験段階な為一部のルアーだが

ミノーの1本フック化と共に取り組んでいこうと思ってる

もしかしたら

フックのほうが先に上手くいくかもwww

しかしまぁ

そろそろ釣り人生も終盤にかかり始めた筈なのだが

挑戦しなきゃならない項目は一向になくならないものだなwww