読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【東京】東京医科歯科大学の付属病院で男性医師刺した疑い 医大生を逮捕

東京医科歯科大学の付属病院で男性医師刺した疑い、医大生逮捕

白昼の病院で医師が襲われるという事件が発生しました。

現場は東京・文京区の東京医科歯科大学附属病院。

医大生の男が刃物で犯行に及びました。

 

9日午前10時40分ごろ、文京区・湯島の東京医科歯科大学の付属病院で、

「男性医師が刃物で刺された」

と病院関係者から110番通報がありました。

警視庁などによりますと、歯科病棟6階の処置室で口腔外科を担当している41歳の非常勤の男性歯科医が、男に包丁で腹などを数か所刺されたということです。

男性は外科病棟に運ばれましたが、命に別状は無いということです。

 

「担架で運ばれていった人がいた。顔にガーゼみたいなものがはってあった」

(被害者を見た人)

 

「白衣を着た先生がパトカーで連行された。白衣には腰のあたりから裾にかけて血が飛び散っていた」

(容疑者の目撃者)

 

刺した男は、文京区に住む日本医科大学・医学部の渡邊祐介容疑者(30)で、その場で取り押さえられ、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

取り調べに対し、渡邊容疑者は、

「刺したことに間違いない」

と容疑を認めているということです。

 

警視庁が、事件のいきさつや2人の関係、動機などを詳しく調べています。